昨日 (27日) に正式サービス開始を迎えた「FF14: 新生エオルゼア」の新しいベンチマークが出ていたので、リベンジの気持ちで試してみました。

以前試したときは Low モードでもスコアは 3339 といまいちで「やや快適」という結果でした。
Retina MacBook Pro の BootCamp で FF11 と FF14 のベンチマークに挑戦

FF14新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編を試してみる

新しいベンチマークは、キャラクター編ということでキャラクターメイキングも楽しめます。
http://jp.finalfantasyxiv.com/benchmark/ (現在は「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」が公開中です)

ベンチマークは細かく設定変更できますが、ここはあえて「グラフィック設定プリセット」と、ディスプレイの解像度のみを変更して試すことにしました。(面倒だから…)

私の Retina MacBook Pro の構成は以下のとおりです。

MacBook Pro (Retina) の構成
プロセッサクアッドコアIntel Core i7 (2.6GHz)
メモリ16GB
グラフィックNVIDIA GeForce GT 650M (1GB / GDDR5メモリ)

「高品質 (ノートPC)」モードで試してみた結果

グラフィック設定プリセット
高品質 (ノートPC)
ディスプレイ設定
ウィンドウモード (1920 x 1080)

結果はこちら。 Retina MacBook Pro の BootCamp で FF14 新生エオルゼア ベンチマーク (キャラクター編) を試した結果 (1)

スコアは 4181 で「快適」という評価でした。

恐らくプレイヤーが密集しているようなときにはプレイ中にカクつき目立つかもしれませんが、特に問題なさそうではあります。
これは少し期待が持てそうです。

ちなみに、ウィンドウモードをフルスクリーンで試した結果はこちら。 Retina MacBook Pro の BootCamp で FF14 新生エオルゼア ベンチマーク (キャラクター編) を試した結果 (2)

スコアは 4200 でさきほどと同じく「快適」という評価でした。
あまり違いはなさそうです。

「標準品質 (ノートPC)」モードで試してみた結果

グラフィック設定プリセット
標準品質 (ノートPC)
ディスプレイ設定
ウィンドウモード (1920 x 1080)

結果はこちら。 Retina MacBook Pro の BootCamp で FF14 新生エオルゼア ベンチマーク (キャラクター編) を試した結果 (3)

スコアは 5968 で 「とても快適」 という評価でした。

とても快適…!!!!

これならプレイヤーが多い時間帯でも快適にプレイできそう…!やったー!

フルスクリーンで試した結果。 Retina MacBook Pro の BootCamp で FF14 新生エオルゼア ベンチマーク (キャラクター編) を試した結果 (4)

さきほどとあまり変わらず、スコア 5987 で「とても快適」でした。

これはもう Retina Macbook Pro でも Bootcamp 使って FF14 がプレイできると言ってもいいですね。

おまけ: 「最高品質」モードで試してみた結果

完全に気分を良くしたので、最高品質なるものまで試してみました。

グラフィック設定プリセット
最高品質
ディスプレイ設定
フルスクリーンモード (1920 x 1080)

結果はこちら。 Retina MacBook Pro の BootCamp で FF14 新生エオルゼア ベンチマーク (キャラクター編) を試した結果 (5)

スコアは 3006 で「やや快適」の評価。まぁ、そうですよね。
それでも健闘したような気がします。

細かい調整をすれば最高品質でももうちょっと良いスコアが出せるかもしれませんが…。


そんなわけで、標準品質モードで良いスコアが出ました。

今回は Ratina Macbook Pro で試した結果ですが、その他の Mac も新しいベンチマークなら良いスコアが出るかも知れませんね。

ああ、チョコボに乗りたいな…。

関連記事

シェアする