次の携帯電話は何にしようかな…と悩んでいたら、EXPANSYS で Sony Z Ultra (Google Play Edition) がほぼ半額になっていたので、勢いで買ってしまいました。

Sony Z Ultra とは、au にて Xperia Z Ultra (SOL24) として販売された製品のグローバルモデルです。

Google Play Edition とは、メーカー独自のカスタマイズが施されていない、標準の Android OS が搭載されたモデルのことをいいます。
本来は Google Play ストアにて直販されます。(今回は EXPANSYS から買いましたけど…)

Sony Z Ultra (google Play Edition) 開封

こちらが外箱。
左下には Sony Z Ultra と書かれており、Xperia という表記はどこにもありません。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (1)

箱を開けると、どどんと Z Ultra がお目見え。箱いっぱいに収まっていました。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (2)

本体、micro USB ケーブル、AC アダプタ、説明書が入っていました。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (3)

Z Ultra は 6.4 インチ。
ファブレット (Phablet = Phone + Tablet) と呼ばれるだけあって、大きいです。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (4)

裏面は鏡面仕上げでピカピカ。滑り落としそうな予感しかしない。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (5)

右側面には、イヤホンジャック、micro SD & SIM スロット、電源ボタン、音量ボタンが並んでいます。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (6)

カバーに micro SD と書かれた側が micro SD カードスロット、もう一方が SIM カードスロットです。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (7)

SIM カードスロットにはトレーが入っています。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (8)

トレーに SIM カードを乗せます。ちなみに SIM は micro サイズです。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (9)

スロットを戻して SIM を挿入します。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (10)

左側面には充電用コネクタ、micro USBコネクタがあります。
充電用コネクタは独自のもので、マグネットでくっつくようになっています。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (11)

micro USBコネクタはカバーつき、当然 USB 経由でも充電できます。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (12)

もちろん電話なので、受話口もついてます。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (13)

本体の下には送話口 (マイク)があります。
分かりづらいですが、右端にはストラップホールもついています。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (14)

サイズ感がいまいち分かりにくいので、Nexsus7 と並べてみました。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (15)

BlackBerry Q5 とだと、こんなにも違います。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (16)

片手でしっかり持てますが、片手操作は難しいサイズです。両手必須。 ソニー (Xperia) Z Ultra を買ったので開封の儀をしました (17)

Sony Z Ultra (Google Play Edition) と Xperia Z Ultra の違い

前述のとおり、Google Play Edition がついたモデルは、メーカー独自のカスタマイズがされていません。
そのため、Sony Z Ultra と Xperia Z Ultra ではいくつか異なる点があります。

Z Ultra は 以下の4モデルがあります。

  • Xperia Z Ultra (SOL24) … au から発売されているモデル
  • Xperia Z Ultra (C6802) … グローバルモデル。3G 通信のみ対応
  • Xperia Z Ultra (C6833) … グローバルモデル。LTE 通信対応
  • Sony Z Ultra (C6806) … Google Play Edition モデル
  • Xperia Z Ultra (SGP412JP) … Wi-Fi 専用モデル

細かな違いは以下のとおり。

Xperia Z Ultra 各モデルの比較
モデルSOL24
(au版)
C6802
(3Gのみ)
C6833
(LTE対応)
C6806
(Google版)
SGP412JP
(WiFiのみ)
Android OS4.24.24.34.44.2
プロセッサーSnapdragon 800
MSM8974 2.2GHz
APQ8074 2.2GHz
メインメモリ2GB
内部ストレージ32GB16GB32GB
ディスプレイ6.4型 (1920 x 1080)
Wi-FiIEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠
カメラ220 万画素(フロント) / 810 万画素(リア)
GPS
Bluetooth
NFC
赤外線通信×
おサイフ機能
(FeliCa)
×
フルセグ/ワンセグ×
ネットワークLTE, 3G3G, 2GLTE, 3G, 2GLTE, 3G, 2G

au モデルは当然ながらフルセグ、おサイフ機能、赤外線通信が搭載されていますが、その他のモデルは未搭載です。
グローバルモデルに関しては内部ストレージが 16GB と少なめです。

ようやく使い始めたばかりですが、大きさはあまり気になりません。
ただ、外出先でこれをカバンから取り出すにはちょっと勇気がいるので、手帳っぽいカバーを早めに調達したいところです。

関連記事

シェアする