発売から日が経っているためか、割とお安くなっていたのでつい PlayBook 買っちゃいました。
日本語入力はできない(表示は可能)ですが、ビューワーとして使うことが主なのでそこは気にしてません。

というわけで、さらっと開封の儀です〜。

こちら外箱。ストレージは 16GB のタイプ。 BlackBerry PlayBook 画像(1)

外箱を外すと、おなじみの黒い箱が登場。 BlackBerry PlayBook 画像(2)

ばーん。ケースに入った姿で登場。 BlackBerry PlayBook 画像(3)

付属品は説明書、ACアダプタ、microUSB ケーブルが入っています。
(完全に箱から出して撮るの忘れてますね、これは) BlackBerry PlayBook 画像(4)

こちらが PlayBook 本体です。 BlackBerry PlayBook 画像(5)

裏側はゴムのような質感で、手に持っても滑りにくいです。 BlackBerry PlayBook 画像(6)

本体下には HDMI 端子、microUSB 端子、クレードル用端子 がついています。 BlackBerry PlayBook 画像(7)

上には電源ボタン、音量調整ボタン、再生ボタンがあります。 BlackBerry PlayBook 画像(8)

さらにイヤホンジャックもついています。 BlackBerry PlayBook 画像(9)

電源を入れると、セットアップが開始します。
言語や国などは適当に指定して、Wi-Fi 設定から BlackBerry ID の入力まで終えると、OSのアップデートが始まります。 BlackBerry PlayBook 画像(10)

BlackBerry に BlackBerry Bridge という公式アプリをインストールすれば、PlayBook に Bluetooth で接続して同期することができます。

同期をすると BlackBerry から PlayBook を遠隔操作したり、BlackBerry のアドレス帳やメッセージなどが PlayBook から見られたりします。同期しても BlackBerry 側のデータは一切 PlayBook には残りませんので、安心して使えます。

アプリはまだ試してませんが、ほどよいサイズ(7インチ)で、動きも快適で、充分タブレットとして使えるなーという印象です。これで日本語入力できればカンペキなのに…。

そんなわけで PlayBook 片手に、おとなしく BlackBerry 10 の発売を待ってます。

関連記事

シェアする