iPad mini からも Retina モデルが出た!ということで、買ってしまいました〜。そんなわけで、さっそく開封の儀をしてみました。

今回は iPad mini Retina 本体と純正のカバーを合わせて購入しました。
(ちなみに、カバーだけが先に到着しました…一緒に送ってくれればいいのに) iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (1)

届いたダンボールと開けると、iPad mini の文字が飛び込んできました。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (2)

箱はおなじみの、シンプルなデザイン。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (3)

フタを開けると、本体がまずお目見えします。
タブレット端末って、どうやって撮っても変わり映えしないな〜…。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (4)

付属品は ACアダプタ、Lightning ケーブル、説明書です。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (5)

本体のカラーはスペースグレイを選択してみました。
とても落ち着いた色合いになっています (写真はちょっと明るすぎ…)。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (6)

ボリュームキーなどのボタン類は本体の右上側面にあります。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (7)

本体下には、Lightning用コネクタとスピーカーがあります。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (8)

電源ボタンとイヤホン用コネクタは本体上にあります。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (9)

nexus7 と比較してみました。
高さはほとんど同じですが、7インチの nexus7 の方が横幅がスリムですね。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (10)

ディスプレイサイズは iPad mini Retina の方がやや高さがあり、本体いっぱいに広がっている感じ。
ちなみに、nexus7 との重量差は約50gほど。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (11)

せっかくなので、カバーをつけてみましょう。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (12)

カラーは超無難な黒を選択。
そういえば、純正のカバーを買うのは初めてかもしれない。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (13)

カバーの裏側はマイクロファイバーになっています。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (14)

本体の左側にパチっとマグネットをくっつければ完成。実に簡単です。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (15)

こちらがホーム画面。
写真だと伝わりにくいですが、当然ながら画面はキレイです。 iPad mini Retina 16GB (Wi-Fi モデル) 開封の儀 (16)

最近はどのタブレット端末も解像度が高くなってきているので「特にすごい」というわけではありませんが、自炊したPDFなどがとてもキレイに表示されるのはありがたいです。

iPad だと持ち運びがちょっと面倒だと感じることもありましたが、iPad mini は適度なサイズなので持ち運びは楽になりそうです。

関連記事

シェアする