自宅に眠っているスーファミがあるので、壊れないうちに昔やっていたゲームの記録でもしようかと、ゲーム機をキャプチャーできる製品 (GV-HDREC) を買いました。

こちが外箱。対比がありませんが、小さいです。 GV-HDREC を購入(1)

録画中のマイク入力も可能なので、箱には「ゲーム実況を始めたい人へ」と書かれていますが、リアルタイムでの配信はできません。できるのは実況録画のみです。

キャプチャー本体、HDMIケーブル、コンポジットAV入力変換ケーブル、ACアダプターが同梱されています。 GV-HDREC を購入(2)

こちらが操作面。赤いボタンが録画用のボタンです。
なんだかデジカメっぽいので、左の四角い部分はディスプレイのように見えますが、ここには何もありません。 GV-HDREC を購入(3)

本体の前面には、録画したファイルを保存するためのメディカード挿入口、ヘッドセット端子、ステータスランプ(電源オン・録画中を見分けるランプ)がついています。 GV-HDREC を購入(4)

背面には、左からAV入力端子、HDMI入力端子、HDMI出力端子、USBポート、DC IN端子(電源)がついています。 GV-HDREC を購入(5)

USBポートには、録画ファイルの保存用として、外付けHDDもしくはUSBフラッシュメモリーなどを接続することができます。
高画質で長時間録画する場合は、64GB以上あるメモリーカードなどがあれば安心です。

この製品はパソコン不要なので、ディスプレイさえあればどこでも録画できます。
録画した動画は GV-HDREC を操作して再生・編集できます。録画の再生中にはスクリーンショット(静止画)を保存することもできます。

GV-HDREC 動作確認済みゲーム機
ゲーム機
(キャプチャ方法)
  • PlayStation®4 Pro(HDMI)
  • PlayStation®4(HDMI)
  • PlayStation®3(アナログ)
  • PlayStation®2(アナログ)
  • PlayStation®(アナログ)
  • PlayStation®VR(HDMI)
  • PlayStation®Classic(HDMI)
  • Nintendo Switch™(HDMI)
  • Wii U™(HDMI)
  • Xbox One S®(HDMI)
  • Xbox One®(HDMI)
  • ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ™(HDMI)
  • ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン™(HDMI)
  • セガサターン®(アナログ)
  • スーパーファミコン®(アナログ)
  • AV仕様ファミリーコンピュータ®(アナログ)
  • レトロフリーク(HDMI)
記録方式などの詳細なスペックは以下のページをご覧ください。 [GV-HDREC 仕様](https://www.iodata.jp/product/av/capture/gv-hdrec/spec.htm)

実際にキャプチャした画像の一部です。
こちらはスーパーファミコン(SFC)で「伝説のオウガバトル」をHDMI出力してからキャプチャしたものです(この辺りはまた別記事で書く予定です)。 GV-HDREC を購入(6)

久しぶりにスーファミ出したんですけど、ちゃんと動いてちょっとホッとしました。

関連記事

シェアする