今回はいつもと違ってマタニティグッズの話。
私が妊娠中にお世話になったものやグッズなどをまとめてみました。

二年ほど前に出産したんですが、妊娠中はいろんなトラブルがあって様々なグッズに助けられました。
忘れてしまわないうちに、特にお世話になったものを思い出しながらご紹介。

妊娠初期

妊娠6週(2ヶ月)を過ぎた頃、つわりが始まりました。
一般的につわりは妊娠5〜6週から始まり、約1〜2ヶ月ほどで落ち着くそうですが、私は妊娠21週(6ヶ月)まで続きました。

オレンジジュース

私の場合、夕方から夜にかけて船酔いのような気持ち悪さが来るつわりに悩みました。

吐くほどひどくはありませんでしたが、果汁控えめの甘いオレンジジュース(主に”なっちゃん”)をコップ一杯入れて、ちびちび飲むとやり過ごせるということに気づいたので、つわりの期間はそれで乗り切りました。

葉酸入りサプリメント

葉酸は妊娠前から摂取するのが理想的なんですが、妊娠初期には摂っておくといいそうなので、飲んでいました。

つわりなどで食事内容に偏りが出てきたり、お腹が大きくなることで胃が圧迫されて食事量が減ったりすると栄養面で心配になりますが、サプリメントを飲んでいたことで過剰に心配しなくて済みました。

お腹が出てくる頃~臨月

私の場合、お腹に二人入っていたのですぐにポコッと出てきました。

ウエスト延長ベルト

お腹が出てくると、服のウエストまわりが徐々に締まらなくなってきます。
普段着はジーンズで過ごすことが多かったので、この時期は「ウエスト延長ベルト」を使っていました。

マタニティウェアはもっとお腹が目立ってきたらでいいかと思っていたので、しばらくお世話になりました。
こちらはネットではなく、たまたま西松屋とかで見かけたように記憶しています。

ユニクロのインナー

周囲から見てもお腹が目立つようになった頃には、体を締め付けるような感覚がつらくなってきて、ユニクロでノンワイヤーのブラをするようになりました。

ブラトップも楽で良いと思いますが、臨月になってくるとお腹が出すぎてインナーの丈が短くなってしまうので、ブラだけで充分でした。

妊娠線予防クリーム

つわりが終わりそうなころ(約5ヶ月)、妊娠線予防クリームをプレゼントされました。
妊娠線はお腹の皮膚が割れてしまう現象のことですが、これを防ぐにはひたすら保湿しかないそうです。

妊娠線予防クリームは高級なものからお手軽なものまでピンキリですが、私はプレゼントされたママ&キッズのポンプ式をそのまま継続して買いました。

白色ワセリン 500g

冬になると乾燥が気になったので、妊娠線予防クリームにワセリンを混ぜて使っていました。

500g のものを買っておけばかなり持つので、いずれ子供にも使えます。ベタベタするのが気になりますが、高価なものではないのでお財布を気にせず使えるのが良いです。

かくいう私は、見事にバリバリっと妊娠線ができました…。 妊娠線は皮膚の堅い人や、お腹が急に大きくなって皮膚が引っ張られるとできるので、こればかりは仕方ないですね…。

むくみ防止用ソックス

8ヶ月頃から足のむくみが出始め、むくみ防止としてメディキュットを履くようになりました。

履いていると効いている感じがあってとても良かったのですが、9ヶ月を過ぎた頃にうっかり2日ほど履き忘れたらあっと言う間にむくみが進行して履けなくなってしまいました。

お腹が大きくなると履くのがちょっと大変ですが、むくみが気になる人は試されるといいと思います。

臨月あたり~出産

お腹がすっかり大きくなって、お風呂やトイレが大変になってくる頃。

丈の長いインナー

お腹が大きいとインナーの丈が短くなってしまうので、マタニティ用の丈の長いインナーを買いました。
男性用のタンクトップでも代用できそうです。

妊娠帯

お腹が大きくなると、腰への負担が増えてくるのでお腹を持ち上げるようにサポートしてくれるタイプの妊娠帯を買いました。
家にいるときはなくても平気ですが、外に出るときは欠かさずつけていました。

クロックス

臨月に差し掛かるころには靴下をはくのが困難になり、さらに足にはひどいむくみもあったので、普段履いていた靴がすっかり入らなくなってしまいました。

それでも病院には定期的に行かなくてはいけないので、靴を履くのをあきらめ、クロックスを履いていきました。

病院では検査で何度も靴を脱ぐので、クロックスのようなサンダルが楽でちょうど良かったです。
出産後の入院生活もクロックスで過ごしました。

血圧計

検診のない日になんとなく血圧を測ってみたら上が140になっていて、その日に即入院、緊急帝王切開になりました。
たまたま自宅に血圧計があったからすぐに気付けましたが、次の検診までに放置していたらもっと大変なことになっていたんだろうなと思います(実際、産後は死にかけて大変でした)。

血圧は突然上がるうえ、自覚症状もないので臨月になってくると毎日自宅でチェックするのも大事ですね。


いろいろ書きましたが、絶対にすすめておきたいのは「血圧計」ですね。いろんなタイプがありますが、腕に巻いて計測するタイプの方が正確に測ってくれるので無難かな。 他にオススメするならウエスト延長ベルトとクロックス。延長ベルトのおかげで服も既存のものを生かせたし、靴を履くのが負担になるころから入院時の履物としてクロックスが活躍してくれました。

そんなわけで”物欲”も落ち着いているように見えますが、単にブログに書けてないだけなのでそこんとこも時間を作って書いていきたいなと思ってます。

関連記事

シェアする