FF14 の次回の大型パッチに向けて新しいベンチマークが公開されました。
これまでベンチマークテストは Macbook の Bootcamp で試していましたが、今回は GPD WIN Max で試してみることにしました。
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ ベンチマーク

「標準品質(ノートPC) 」での結果

グラフィック設定プリセット
標準品質 (ノートPC)
ディスプレイ設定
ウィンドウモード (1280 x 720)

「やや快適」という結果になりました。
GPD WIN Max で FF14 ベンチマークを試してみました(1)

「やや」というと微妙な感じがしますが、今回のベンチマークからスコアに対する評価の線引きが変わり、厳しく評価されるようになりました。

評価の線引きを変えた理由としては 大人数で行うコンテンツが増えたから とのことですので、そういった大規模なコンテンツをプレイしないのなら「やや快適」は良い評価と言っても良さそうです。

「高品質(ノートPC) 」での結果

グラフィック設定プリセット
高品質 (ノートPC)
ディスプレイ設定
ウィンドウモード (1280 x 720)

高品質にすると「普通」という結果になりました。
GPD WIN Max で FF14 ベンチマークを試してみました(2)

ベンチマークを動かしていると、高品質のほうは若干のカクつきが見られました。
あくまでもテストであるため、ムービー中はわざとたくさんのオブジェクトを配置したりしているそうなので、普通にプレイする分にはこちらも問題なさそうです。


どちらのパターンも問題なさそうで良かったです。
ちなみに「暁月のフィナーレ」は予約済み。FF14タノシイデスヨ、皆様モ是非…。

関連記事

シェアする