Amazon.co.jp ウィジェット

買ったものや欲しいものについての感想(レビュー)とか、雑記とか、キリンとか.

Xperia XA Ultraの容量不足が限界だったので、思い切って Xperia XZ Premiun に買い換えました。

開封

箱はシンプルなやつ。
蓋に貼ってある派手なシールは購入店舗がつけたもの。

蓋を開けたらすぐに本体がお目見えです。
カラーはディープシーブラック(Deepsea Black)にしてみました。

持ってみると薄くてびっくりです。折れちゃいそう。

箱の底には付属品などが入っています。

付属品はイヤホン、ACアダプター(BFタイプ)、USB Type-Cケーブル、説明書です。

本体は鏡面仕上げなので、ピッカピカです。
写り込みがすごいので、あの手この手で撮影してこんな角度から。

ウラ側もピカピカです。
ちょっと触っただけで指紋が付くので、カバー必須だと思います(注文しました)。

右側面にはボリュームキー(カメラ時はズームキー)、電源ボタン、カメラキー。
電源ボタンは指紋認証になっています。

左側面には nanoSIM と microSD カード挿入口があります。

上部にはヘッドセット接続端子とセカンドマイク(中央の穴の部分)。

底部には USB Type-C接続端子と送話口(マイク)がついています。

今回購入したモデルがデュアルSIM対応でしたので、カード挿入口には nanoSIMカード用のトレイと、microSD または2枚目の nanoSIM 用のトレイが入っています(同時に挿入できないので注意が必要)。

普通にシングルSIMで使用する場合は、2つめのトレイはmicroSDカード用として使用できます。

セカンドSIMを使う場合は、microSDカードを外して nanoSIM をトレイに置きます。

サイズ比較

Xperia XA Ultra と比較してみました。

本体サイズは若干しか違いがありません。

薄さも数ミリの違いなので、一見するとどちらが薄いのかわかりません (XZ Premiun の方が薄い)。

画面を表示して比べてみると、液晶サイズに明らかな差があるので XZ Premium の方が小さいように見えますが、あまり大きな差は感じられません。

スペック

Xperia XZ Premium のスペックは以下のとおりです。

モデル Xperia XZ Premium (G8141 / G8142)
*グローバル版は G8142 です
SIM Nano SIM
デュアル SIM (G8142) / シングル SIM (G8141)
OS Android 7.1 (Nougat)
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 835
2.45GHz*4 + 1.9GHz*4 (オクタコア)
メモリ 4GB RAM
内部ストレージ 64GB UFS
外部メモリ microSD(2GB) / microSDHC(32GB) / microSDXC(256GB)
ディスプレイ 5.5インチ 4K HDR (2160 x 3840)
トリルミナスディスプレイ for mobile
バッテリー 3230 mAh (内蔵) / Quick Charge 3.0
サイズ / 重さ 約156 × 77 × 7.9mm / 191g
メインカメラ Motion Eye カメラシステム 有効画素数 約1920万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobile
[静止画] 9MP (4:3), 17MP (16:9), 12MP(4:3), 12MP(16:9)
[動画] 4K (2160p), フルHD (1080p), HD (720p), VGA (480p)
フロントカメラ 有効画素数 約1320万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobile
[静止画] 13MP (4:3), 10MP (16:9)
[動画] フルHD (1080p), HD (720p), VGA (480p)
ワイヤレス [Wi-Fi] 802.11 a/b/g/n/ac, 2.4GHz & 5GHz
[Bluetooth] 5.0
DLNA, NFC, GNSS(GPS, GLONASS, BeiDou)
ネットワーク
(対応周波数)
[GSM] 850/900/1800/1900 MHz
[3G] 800/850/900/1700/1900/2100 MHz
[4G/LTE Band] 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/26/28/29/32/38/39/40/41 (プラチナバンド対応)
オーディオ ハイレゾ音源再生可能 (LPCM, FLAC, ALAC, DSD), デジタルノイズキャンセリング, DSEE HX, LDAC, S-Force フロントサラウンド, ClearAudio+, バイノーラル録音
防水 / 防塵 防水(IPX5/8) / 防塵(IP6X)
その他 USB Type-C
指紋認証
PlayStation 4 リモートプレイ

かなりハイスペック。
また、USB Type-C なのでケーブルがない人は買い足しが必要になってくると思います。

気になるのは対応バンドですね。ドコモとソフトバンクのプラチナバンドに対応しているので、「グローバルモデル=繋がりにくい」が解消されると良いのですが。

良い点

Xperia XZ Premium の良いところ。

内部ストレージが 64GB もある!

Xperia XA Ultra の不満点だった内部ストレージ少ない問題が一気に解決。素晴らしい。
内部ストレージは自力ではどうしようもない問題なので、ここに余裕ができるとすごく満足度が高くなりますね。
これでばんばんアプリがダウンロードできるぞー!

POBox がインストールされている!

起動して一番に確認したのがこれでした。
もちろん、インストールされていなかったらアレコレしてインストールするつもりでしたが、ちゃんと入ってて安心しました。最高です。

Motion Eye カメラシステム

Xperia のカメラは高性能なものが多いですが、XZ Premiumでは “スーパースローモーション” や “先読み撮影” ができるんだとか。
試しにデフォルト設定のままカメラで撮ってみたところ、被写体が動いた瞬間に “先読み撮影” が発動して、保存された4枚の候補から良い写真を選ぶことができました ( “先読み撮影” は最大4枚の連続撮影が保存されるそう)。

私の場合、スマートフォンでカメラを使うときはデジカメが間に合わない(シャッターチャンスが少ない)ときがほとんどで、そういうときに限って被写体が動いてブレた写真でガッカリだったんですが、これなら撮るのが楽しくなりそうです。

4K ディスプレイ

解像度めちゃくちゃ高いです。ホーム画面が広い。
スクリーンショットを撮ると XA Ultra のスクリーンショットの4倍サイズのが撮れます(これが4K…!)。
機会があれば、4K対応の映像なんかも見てみたいなと思います。

残念なところ

Xperia XZ Premium の残念に感じたところ。

落としそう…

これだけです。
手が小さいので、ちょっとホールド感に欠けるのですよね。
本体の仕上がりもツルツル・ピカピカなので、ツルっと落としそうで怖いです。
速攻でケースを注文しました。

感想など

振り返れば XA Ultra での不満点をすべて払拭した良い機種でした。
久しぶりに満足度が高いです。

ハイスペックなので、動きはキビキビしていて快適そのもの。
発売直後でお値段は8万円台と高値ですが、長く戦える機種だと思いますので納得のお値段ですね。

docomo から発売されるそうなので、ドコモユーザーで新機種欲しいなら全力でオススメします。


ちなみに BlackBerry KEYone も発売されましたが、今回は見送りです (さすがにもう8万円は出せない…)。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

タグクラウド

Apple BlackBerry Classic BlackBerry PRIV Bold 9780 Bold 9900 BootCamp Curve 9360 enchantMOON Gmail iPad iPhone iPod Touch IS12T K-9 Mail Kindle Kinesis Mac Mobile Nexus 7 PlayBook Q10 Reader Replicator 2X spモード ThinkPad Tips Torch 9800 Xperia Z10 キリングッズ キーボード スタンディングデスク ナノブロック ベンチマーク 増設・換装 絵文字 自炊 雑貨

月別アーカイブ

最近書いた記事

書いてる人

masaWebデザイナーの端くれ。珍しそうなモノを見つけたらついうっかり買ってしまう。