Amazon.co.jp ウィジェット

買ったものや欲しいものについての感想(レビュー)とか、雑記とか、キリンとか.

先日やっと UpLift Desk 900 の記事を書き終えたので、実際にスタンディングデスクを使ってみた感想なども書いてみました。

スタンディングデスクとは

立ったまま使う机のことをスタンディングデスクといいます。

長時間机に向かって座り続けるより、立って作業を行うほうが健康へのメリットが高いとしてスタンディングデスクが採用されているオフィスもあるそうです。
スタンディングデスクを5年使った感想と、昇降デスクで快適になった話 (1)

最近ではスタンディングデスクに関連する記事も散見しますので、興味を持っている人もいるんじゃないでしょうか。

なぜ、スタンディングデスクを選んだのか

私がスタンディングデスクにした理由は、「運動不足」と「居眠り防止」、それと「机の高さが体にあっていない」でした。

ずっと座りっぱなしだと腰も痛くなるし、姿勢も悪くなってしまいます。

座り仕事だからといい椅子を買っても、気付いたら心地よくて眠ってる…なんていうこともしばしば。

また身長が標準より小柄なため、通常の机の高さだと椅子に座った時に足の裏が地面につかないのが悩みで、自分の体にあった高さの机が欲しいと思っていました。

最初の3年は、自作スタンディングデスク

スタンディングデスクに変えたのは5年ほど前ですが、当時はパソコン用の机の足の下にブロックと木材を置いて持ち上げる方法を使って高くしていました。

当時のまともな写真がないのですが、机の足だけ撮ってました。ピンボケですけど…。
スタンディングデスクを5年使った感想と、昇降デスクで快適になった話 (2)

ちなみに、当時の机はキーボードスライダー付きのシンプルな作りのものです。

スタンディングデスクに変えてわかったこと

最初の一週間がきついらしい、と聞いていたスタンディングデスク。
確かにはじめの数日間は立つのがつらかったですが、徐々に慣れて一ヶ月くらいで落ち着いたように思います。

運動不足はちょっとだけマシになる

「運動不足だから」というのがスタンディングデスクを選んだ理由の一つでしたが、これについては少しだけ解消しました。

じっと立っているだけなので、体重が減ったとかいうラッキーなことはありませんが、机から離れた本棚へ向かったりする時の動作がスムーズになって、椅子に座っている時よりもよく動くようになりました。

椅子に座っていると、どうしても立つのが面倒になってくるんですよね…。

居眠り防止になる

「居眠り防止」には、かなり効果的でした。
眠くなってきても、軽く体を動かしてまた机に向かえば持ち直せます。

慣れてくると、立ったままでもうつらうつらすることはできますけど、椅子に座っているときよりは居眠りしてません (うつらうつらはする)。

自分にあった机の高さは快適

いつも机の高さに合わせて椅子の座面をあげて座っていたのですが、自分の体にあってないなと心の片隅でちょっとしたストレスになっていました。

スタンディングデスクにすることで、机が自分の身長にあった高さで使えて快適になりました。
足が地に付いているのっていいな…。

自作のスタンディングデスクで不満に思ったこと

スタンディングデスクを使ってしばらく経ってから、椅子が使えない不便さが出てきました。

書き物をするときや、本を読むなど、椅子に座ったほうがいい時もあるんですよね。
あと、どうしても長時間の作業になると立っているのが辛くなってくる時もあるわけです。

座り作業用にカウンターチェアを導入したんですが、座り心地がいまいちでオフィスチェアのような安定感が得られませんでした。

高さを好きな時に変えられる昇降デスクがいい

スタンディングデスクを試して、最終的にたどり着いた考え。

「立っても座っても快適に使える机がベストなのでは…?」

電動式とか、手動でもいいから机が自在に昇降してくれるタイプの机を買ったほうがいいかもしれない…。
それからあれこれとネットを探し回りました。

電動昇降式デスク最高です

見つけたのが電動で昇降する組み立て式の “UpLift Desk 900” でした。

UpLift Desk 900 は海外サイトからの購入になります。
この机に関しては以下のページで詳しく書いてますが、机本体の価格やオプションが豊富というところに惹かれて導入しました。

苦労して組み立てた甲斐もあって、電動式最高です。
どんなに机の上に重たいものを乗せていても軽々と昇降します。

UpLift Desk などの電動昇降式のデスクは、机の高さをメモリー保存できるものがほとんど (UpLift Desk だと4段階まで記憶可能) です。

立ったり座ったりを繰り返しても、ボタンひとつで「いつもの高さ」に自動昇降するのはめちゃくちゃ楽です。

現在の作業スタイル

電動昇降式に変えてからは、椅子に座ったり、立ったりを繰り返しながら作業しています。

基本は立つスタイルからはじめ、疲れたら座り、座ったままで集中力が切れそうになったら立つ。
こんな感じでいまは落ち着いています。

おすすめの昇降デスクは

スタンディングデスクは固定式の場合であれば割と国内でも安価に購入できるんですが、電動昇降デスクになると購入先がぐっと少なくなりますし高価になります。

また、現段階では国内の電動昇降デスクはキーボードトレイのようなオプションがありません。

輸入購入に抵抗がなく、組み立てでも構わないなら UpLift Desk をおすすめします。

国内で購入するなら、オカムラ製作所の Swift がおすすめです。

手動昇降で十分なら、エルゴトロンの WorkFit-D がオプションも豊富で、キーボードトレイもついているのでおすすめです。
(耐荷重が30kgなので、大きなモニターを使っている場合は注意が必要です)


あれこれ書いてみましたが、結論としては「電動昇降デスクは最高」ということです。

スタンディングデスクが気になったら、まずは自作で試してみてもいいかもしれません。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

タグクラウド

Apple BlackBerry Classic BlackBerry PRIV Bold 9780 Bold 9900 BootCamp Curve 9360 enchantMOON Gmail iPad iPhone iPod Touch IS12T K-9 Mail Kindle Kinesis Mac Mobile Nexus 7 PlayBook Q10 Reader Replicator 2X spモード ThinkPad Tips Torch 9800 Xperia Z10 キリングッズ キーボード スタンディングデスク ナノブロック ベンチマーク 増設・換装 絵文字 自炊 雑貨

月別アーカイブ

最近書いた記事

書いてる人

masaWebデザイナーの端くれ。珍しそうなモノを見つけたらついうっかり買ってしまう。