Amazon.co.jp ウィジェット

買ったものや欲しいものについての感想(レビュー)とか、雑記とか、キリンとか.

つい先日、変わったキーボードが我が家にやってきました。
TypeMatrix 2030 Keyboard は、キーが格子状に規則正しく並んだ、人間工学に基づいたデザインのキーボードです。

キーボードは $110、スキンは $20、キーボード&スキンが $120 で販売されています。
配列は QWERTY、DVORAK、BÉPO(フランス語)、BLANK(無刻印)が用意されています。

今回は、無刻印の BLANK タイプを選び、スキンを2枚買ってみました。
さっそく開封の儀ですよ!

いざ、開封

商品は一週間くらいで到着しました。早いです。
ちなみに日本円で12,000円ちょっと(送料込み)。

届いた状態がこちら。
中に入った箱の感触がダイレクトに伝わってくる…簡易包装…という感じです。
Typematrix 2030 keyboard (1) 開封の儀

封を開けると、キーボード本体と思われる箱ともう一つ封筒が。
封筒には一緒に購入したスキンが入ってるのかな。
Typematrix 2030 keyboard (2) 開封の儀

まずは本体の箱から開封。蓋を開けるとクッション出てきました。
Typematrix 2030 keyboard (3) 開封の儀

クッションを取り外すと、キーボードのお目見え。どーん。
わー、本当にキーが真っ白。まぶしい。
Typematrix 2030 keyboard (4) 開封の儀

今回購入した BLANK(無刻印)タイプは、基本的には QWERTY 配列になっています。
なお、DVORAK 配列への切り替えも可能です。

無刻印のキーボード、いいですね。きれい。
キーが行儀よく整列しています。
Typematrix 2030 keyboard (5) 開封の儀

キーボード本体は12mmと薄く、とっても軽いです(709g)。
Typematrix 2030 keyboard (6) 開封の儀

裏は黒くてつやつやしています。
Typematrix 2030 keyboard (7) 開封の儀

キーボードの足の高さはどれも一緒で、ぺたんと置くタイプ。
Typematrix 2030 keyboard (8) 開封の儀

さっそく、一緒に購入したスキンをつけてみましょう。
こちらは QWERTY 刻印のある黒いスキン。
Typematrix 2030 keyboard (9) 開封の儀

それと、記号のみ刻印のあるクリアスキンです。
Typematrix 2030 keyboard (10) 開封の儀

裏側はこのようになっており、キーボード裏にある足のあたりまでを覆うようなタイプです。
Typematrix 2030 keyboard (11) 開封の儀

まずは、USBケーブルを上についている穴に通します。ちょっと無理をしないと通りません。
Typematrix 2030 keyboard (12) 開封の儀

なんとか装着しました。これでキーの配列がわかる…。
お気づきかもしれませんが、このキーボードは del キー、Backspace キー、Enter キーが真ん中にあります。
Typematrix 2030 keyboard (13) 開封の儀

少し使ってみた感想など

いつも Kinesis を使っているので、おそらく手が迷うだろうな…と思い、スキンを着けたまま使用してみました。

英字キーは Kinesis も同じく格子状になっているので打ちやすいのですが、Shiftキー、 Controlキーなどのその他のキーの位置が違うので、ずっと手元を見てしまいました。慣れるのには結構時間がかかりそうです。

スキンはないほうがいいかも?

スキンとキーボード本体は思ったよりも密着していません。
そのため、タイプした時にキーとスキンに空間ができて非常に打ちづらいです。これはスキン無しで使ったほうがいいかも。

単純に私がこういったキーボード用のスキンを使ったことがないので使いづらいと感じていますが、普段からスキンを使っている人ならば気にならない問題かもしれません。

キータッチはよくあるノートパソコンのような…

キータッチの感触は、当初は東プレの Realforce や PFU の Happy Hacking Keyboard などを期待していたんですが、それは高望みでした。
タッチのストロークも浅いので、よくあるノートパソコンのキーボードを叩いている感じです。

なので、Realforce や HHK などのキータッチが特徴的なキーボードを使っている人は物足りなさを感じてしまうかも。

最後に

あんまり使っていないので、さらっとした感想になってしまいました。
結局すぐには馴染めなかったので、いまは元の Kinesis に落ち着いてます。

でも見た目は本当にいいですね(褒めてます)。無刻印だからか、オブジェのようです。

決して高いものではないので、興味のあるかたは公式サイトからどうぞ。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

タグクラウド

Apple BlackBerry Classic BlackBerry PRIV Bold 9780 Bold 9900 BootCamp Curve 9360 enchantMOON FF11 Gmail iPad iPhone iPod Touch IS12T K-9 Mail Kindle Kinesis Mac Mobile Nexus 7 PlayBook Q10 Reader Replicator 2X spモード ThinkPad Tips Torch 9800 Xperia Z10 キリングッズ キーボード スタンディングデスク ナノブロック ベンチマーク 増設・換装 絵文字 自炊 雑貨

月別アーカイブ

最近書いた記事

書いてる人

masaWebデザイナーの端くれ。珍しそうなモノを見つけたらついうっかり買ってしまう。