Amazon.co.jp ウィジェット

買ったものや欲しいものについての感想(レビュー)とか、雑記とか、キリンとか.

そのまえに、そっとBlogのデザインを変えました。
あんまり変わってないように見えますけどね…。いちおうキリンを追加してみましたー。
これで「キリンスキ」でも違和感ないよね…ってことで。

さて。

以前、容量不足のためにHDDを500GB(SATA/5400rpm)のものに換装した MacBook Proさん。
容量は増えたけど、なんだか起動が遅くなったような気がする…??
換装前に使っていたのは、350GBの7200rpmのHDDなので、やっぱり回転数の差なのかしら…(;ω;)

特に気になるのは、BootCamp を起動したときの反応。
いままではもうちょっと早く起動するのになーって思えるくらい、起動速度が気になる気になる…。

500GB(7200rpm)のHDDを買いました!

起動速度が気になってから数ヶ月、やっぱりどうしても気になるので新しくHDDを新調しました。
買ったのはHITACHIのHDD(500GB/7200rpm)。
HITACHI HDD(500GB/7200rpm)
珍しくちゃんと箱に入ってる…(いつもはプチプチにくるまれたものしか買ったことがない)

そんなわけで、HDD 換装の手順を……「またか!」という感じですが、今回はBootCampの移行も含めてメモ。

BootCamp に入っている WIndows7 も丸ごと移行しよう

今回はBootCampにインストールしているWindows7もそのまま移行したいので、まずはその準備から。

Winclone というフリーソフトを使って、BootCamp 側のディスクをバックアップします。

Winclone を初めて起動した際に「NTFSProgs のインストールも必要です」というダイアログが表示されますので、「ダウンロード」ボタンを押して NTFSProgs をダウンロード、インストールします。

Winclone をインストールしたら、まずは環境設定(Preferences)を開いて「Use “special” compressed image format …」にチェックを入れます。(Snow Leopardのときのみ)
Winclone 01

次に、バックアップをとりたいディスク(Windows用に割り当てたディスク)の名前を選択して、「Image…」ボタンを押します。
winclone2
ディスクイメージの保存先・保存名を任意のものに指定すると、バックアップが開始します。

バックアップには、約90GBのサイズで1時間半くらいかかりました。
ちなみに、ファイルサイズが大きいので、あれば外付けHDDに保存するのがおすすめです。

またまた換装しますよ(簡略版)

今回の換装手順は簡略化します。代わりに、以前写真に取りそこねたものをご紹介。

まずは、前回撮り逃したバッテリーカバーの裏がこちら。
MacBook Pro バッテリーカバー
HDD の取り外し方の手順がここにちゃんと書かれています。

HDD が固定されている部分を取り外すのに使う精密ドライバーは、#00 のサイズを使います。
私が買ったのはこちら。(右から3本目が #00 サイズ)
精密ドライバー
ちなみにこのドライバーセットはホームセンターで198というお値段。安い。便利。

次に接続ケーブルをHDDを取り外します。

最後は、トルクスドライバーでHDDの側面に取り付けられているネジ(4本)を外します。
これがトルクスドライバー。星形のような特殊な形です。
トルクスドライバー
こちらは確か600円くらいで買ったような気がします。ホームセンターなどに置いてあります。

あとは、新しいHDDにネジを取り付けて、ケーブルを差し込み、再び固定します。
最後にバッテリーカバーを閉じて完成ー。

ここで、バッテリーカバーがなんだかちゃんと閉まってないような感覚を感じ、「???」となりつつも次のステップへ…。(バッテリーカバーの違和感はまた後ほど書きます…)

あたらしいHDDにOSをインストール

MacBook Proの電源を入れ、インストールCDを挿入します。
CD挿入後は、インストールCDの選択が画面に表示されるまで「Option」キーを押しっぱなしにします。
起動画面(インストールCD)
こんな感じでインストールCDが表示されますので、クリックして選択します。
(失敗したら、代わりに「?」の書かれたフォルダが点滅表示されますので、もう一度電源を入れ直して再チャレンジを)

インストールCDを起動すると、OSインストール画面になりますので、インストールメニューから「ディスクユーティリティ」を選択します。
ディスクユーティリティ
新しいHDD名が表示されていますのでこれを選択して「消去」タブを選びます。
フォーマットが「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」になっているのを確認して、ディスクに名前をつけます。
ディスクフォーマット
間違いなければ、「消去」ボタンを押してディスクをフォーマットします。
フォーマット後は新しいHDDが起動ディスクとして認識されます。

あとは、手順に従ってOSのインストールを行います。

ちなみに旧HDDに入っていたMac側のデータは、旧HDDを外付けHDDにして「データ移行アシスタント」からデータを移しました。

バックアップしていた Windows7(BootCamp) のデータを移行

Mac側のデータ移行が済んだら、次はBootCampのデータ移行です。
まずは、BootCamp アシスタントで Windows用のパーティションのみ作成します。(ここでOSのインストールはしません)

パーティションは以前BootCampで割り当てていたサイズと同様に、100GBで作成。(もちろんサイズを増やすことも可能です)

Winclone を起動して、「Restore」タブをクリックします。
winclone2-1
「Restore image」にさきほどバックアップしたファイルを選択します。
「Destination」にBootCampアシスタントでパーティション作成したディスク名を選択します。
「Restore」ボタンを押すと、BootCamp 用のパーティションにバックアップした内容が復元されます。
winclone3
ここからおよそ2〜3時間かかるので、ご注意を…。

これですべてのデータ移行が完了です。

結論:やっぱり回転数は大事…

350GB(7200rpm)→500GB(5400rpm)→500GB(7200rpm)という回り道をしたわけですが、回転数ってこんなに違うものなんだなーと差し換えてすぐに実感しました。

BootCamp の起動が速い!なんかいろいろ速い!
なんとなくですが…、MacBook Proの動きが買った当初のような機敏さを感じました(・ω・*)

メモリも増設したりはしましたが、起動の速度はやはり HDD の回転数が大事なんだと思います。

あーこれでまた快適になった…(=ω=)満足満足♪


バッテリーカバーが「なんだかちゃんと閉まってないような…?」という違和感についても書きました。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

タグクラウド

Apple BlackBerry Classic BlackBerry PRIV Bold 9780 Bold 9900 BootCamp Curve 9360 enchantMOON FF11 Gmail iPad iPhone iPod Touch IS12T K-9 Mail Kindle Kinesis Mac Mobile Nexus 7 PlayBook Q10 Reader Replicator 2X spモード ThinkPad Tips Torch 9800 Xperia Z10 キリングッズ キーボード スタンディングデスク ナノブロック ベンチマーク 増設・換装 絵文字 自炊 雑貨

月別アーカイブ

最近書いた記事

書いてる人

masaWebデザイナーの端くれ。珍しそうなモノを見つけたらついうっかり買ってしまう。