Amazon.co.jp ウィジェット

買ったものや欲しいものについての感想(レビュー)とか、雑記とか、キリンとか.

いま使用しているMacBook Proのメモリは4GBなのですが、作業的に厳しくなってきたので8GBへ増設することにしました。

ちなみに、私の使用しているMacBook Pro(15インチ)は2008年モデルのもの。
ファームウェアが最新であれば、メモリ8GBまで認識してくれます。

そんなわけで、メモリ増設の方法をメモー。

まず、現状はこんな感じになってます。
MacBook Pro メモリ4GB

今回使用するのは以下のメモリ。
SAMSUNG純正 DDR3 1066Mhz SO-DIMM 204pin PC3-8500 4GB(×2枚)

新しいメモリ(4GB×2枚)

手順1 : MacBook Proの裏蓋を開ける

まずは、バッテリーやHDDが収まっている箇所を開け、バッテリーを取り外しておきます。
ちなみに、この蓋の裏にはメモリの交換方法が描かれていたりします。(途中で気がつきました…)
MacBook Proの裏蓋を開ける

次に上部の蓋も開けますが、こちらはネジで固定されています。
ネジは、#00 精密ドライバーで開けることができますが、固い部分もあるのでご注意を…。
MacBook Proの裏蓋を開ける(2)

バッテリーが収められていた箇所にもネジがありますので、これも取り外します。
こちらは非常に小さいネジですので、なくさないようにしてください。
MacBook Proの裏蓋を開ける(3)

取り外すと、このような感じに。ネジの長短は様々です。
MacBook Proの裏蓋を開ける(4)

上部の裏蓋はしっかりくっついているので、無理矢理引きはがさないようにして外します。
取ると、こんな感じです。初めて見た裏側。
(緑色の部分がメモリです)
MacBook Proの裏蓋を開ける(5)

余談 : …裏蓋の奥には…

初めて見たMacBook Proの裏側にちょっと感動していたのですが…。

ぎゃー。(>_<) ホコリちゃん…。 さすがにこのままにしておくのはダメな気がしたので、綿棒と掃除機を使いつつ除去…。 うーん、たまには開けて掃除してあげないとな。

手順2 : メモリを取り出す

メモリは、両端を固定具で挟み込まれるようにして固定されています。
メモリを取り外す(1)

両側の黒い固定具を外側にぐっと広げると、メモリがぴょこんと斜め上に押し上げられます。
上がってきたメモリを引き抜いて、完了です。
メモリを取り外す(2)

これが、これまでお世話になったメモリ。こちらもサムスン製でした。
メモリを取り外す(3)

手順3 : 新しいメモリの取り付け

いよいよ、新しいメモリ登場です。
差し込む方向はこちらです。
新しいメモリの取り付け(1)

まずは下側の方にメモリを斜めに差し込みます。
新しいメモリの取り付け(2)

差し込んだら、しっかりと押さえ込みます。固定具にパチっとはまる音がしたらOK。
新しいメモリの取り付け(3)

同じく、2枚目も斜めに差し込んで、しっかりと固定します。
新しいメモリの取り付け(4)

手順4 : 起動のチェックとメモリの確認

無事にメモリを交換したら、裏蓋を閉じて起動します。
(起動できなかったらメモリがうまく刺さってない、もしくはメモリの相性が良くない可能性があります)

起動したら「この Mac について」でメモリの容量を確認します。
メモリのチェック

どーーーん。
これで晴れて8GBのMacBook Proをゲットー。

VirtualBox を起動したときのホスト側の挙動がとても自然になったので、大満足です。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

タグクラウド

Apple BlackBerry Classic BlackBerry PRIV Bold 9780 Bold 9900 BootCamp Curve 9360 enchantMOON FF11 Gmail iPad iPhone iPod Touch IS12T K-9 Mail Kindle Kinesis Mac Mobile Nexus 7 PlayBook Q10 Reader Replicator 2X spモード ThinkPad Tips Torch 9800 Xperia Z10 キリングッズ キーボード スタンディングデスク ナノブロック ベンチマーク 増設・換装 絵文字 自炊 雑貨

月別アーカイブ

最近書いた記事

書いてる人

masaWebデザイナーの端くれ。珍しそうなモノを見つけたらついうっかり買ってしまう。