Amazon.co.jp ウィジェット

買ったものや欲しいものについての感想(レビュー)とか、雑記とか、キリンとか.

Xperia

わりと引きこもり生活をしているので、まだ外でバリバリ活躍していない Xperia ですが、いろんな発見があるもので…。忘れないうちにメモー。

料金編:パケット定額は、一気にてっぺん行き

なんだかよく分からないうちにパケ代が一気に天井に行ってしまいました。
もういったい何が原因なのかはわかりません。
「いまパケット代が発生してるよ!」とかなんとか自己申告してくれればいいのにーとか思いつつ、来月は My DoCoMo checker をガッツリ監視しておこうと思います。
上限行くのはスマートフォンの宿命みたいなものですが、もうちょっと安くなってくれるといいなぁ。

本体編:電池がもたない

確かに電池は良く減っていきます。
でも普段はPCにつないで充電しながら使用しているので、問題なしです。これが引きこもりの強みですね。
先日、うっかり充電を忘れていたら、初めて「電池が少ないよ」的な警告を見ました。
バッテリーチャージャーは必須みたいです。
おかげで、Eneloop モバイルブースターは品薄みたいですねー…。

本体編:マナーモード+着信バイブの設定が勝手に解除されてる?!

…とか被害妄想的に思ってたんですが、どうやら本体持ったときにちょうど指が音量調整のボタンに触れて、着信バイブからマナーモード(サイレント)に切り替わっていただけのようでした。
クリアジャケットを装着しているからなのか、音量ボタンが比較的指に触れやすい(押しやすい)ようです。側面ボタンのキーロックが欲しいくらい(笑)
これはいつか慣れるのだろうか…。

アプリ編:Jewels が面白い

以前、Xperia でゲーム(パズル系)をダウンロードで紹介した Jewellust lite みたいなゲームなんですが、こちらは延々と消し作業をしていくゲームです。
けっこう中毒性が高いかも…。黙々と消し作業に没頭するのも楽しいもんです。
このままだと、ぷよぷよをダウンロード購入する日も近い…かも。

アプリ編:Skype は Fring で

Skype を Xperia に導入したいと思い、まずは Nimbuzz というアプリを導入してみたんですが、接続エラーでうまくつながらないことが多かったので、 Fring に乗り換えてみました。
まずは、Fring のアカウントを作成してから Fring にログインします。そのあと、Skype アカウントでログインしてアカウントを有効にします。
Twitter も使えるようです(まだ試してませんが…)。

いまのところ Skype の接続が切れることはありません。
通知メッセージに起動状況が表示されるといいなぁとは思いましたが、いまのところ使いやすいです。
また、音声通話のほうは Nimbuzz より Fring のほうが良いように思います。

ちなみにログアウト方法は、メニューボタンから 「Setting」 > 「Log out」 ですが、この方法ですと次回起動時に Fring にログインしないといけません。
ですので、アプリを終了するときは 「Setting」 > 「Exit」 で十分です。(Skype からもログアウトになります)

(2010年8月4日 追記)
Fring からの Skype 接続ができなくなったようです。
Skype 側の仕様変更(?)によるものらしいのですが、Fring 側は「今後はSkypeではなく、Fring 同士でやりとりヨロシク」と言っているので、今後のSkype対応はちょっと期待できそうにないですね…。

使い勝手が良かっただけに、残念です…。
(追記ここまで)

……

まだまだ文字入力はなれませんが、なんとなく使い勝手のほうは良くなってきています。
また気づきがあればメモします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

タグクラウド

Apple BlackBerry Classic BlackBerry PRIV Bold 9780 Bold 9900 BootCamp Curve 9360 enchantMOON Gmail iPad iPhone iPod Touch IS12T K-9 Mail Kindle Kinesis Mac Mobile Nexus 7 PlayBook Q10 Reader Replicator 2X spモード ThinkPad Tips Torch 9800 Xperia Z10 キリングッズ キーボード スタンディングデスク ナノブロック ベンチマーク 増設・換装 絵文字 自炊 雑貨

月別アーカイブ

最近書いた記事

書いてる人

masaWebデザイナーの端くれ。珍しそうなモノを見つけたらついうっかり買ってしまう。